上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ツール・ド・しものせき」荒玉急行に乗って!



まだ、夜明け前の午前5時15分。スタート・フィニッシュ会場の「下関北運動公園」に到着。

慣れないイベント参加と言うことで、6時受付開始に対して、随分早く来たつもりでしたが、

既にスタートの準備に勤しむ多くのサイクリストの姿がありました。


私も、そそくさと、いつも通りの準備を済ませ、スタンバイOKとなりました。

さて、初めてこの様なサイクリングイベントに参加するにあたり、前日より「Facebook」でお知らせしたところ、

以前ご一緒させて頂いた「リーフ」さんより応答があり、荒玉サイクリストさんと合流する事にしました。



このイベントのシンボルマーク、サイクリスト「ふっくん」勝手に命名(^_^メ)が、球場正面に掲げてあります。


開会式の模様です。実は、開会式には参加していません。何故か…

荒玉の皆さんを待っていたところ、受付終了ギリギリで会場に来られて、その後みんなでトイレに直行…

聞くところによると、荒尾をスタートして、全く休憩無しで会場まで来られたそうで、

さらに、会場に着いた後、近くの駐車場が満杯で、1kmも離れた場所を指定され、そこから自走で会場まで…

と言うことで、時間ギリギリで受付、その後出すものを出しに…(^_^メ)


そんな訳ですから、当然スタートポジションは、殆ど最後尾となっています。

球場周りにずらっと、延々と続くロードバイクの寝姿、滅多に見られるものじゃないですね…

その数、ざっと1000台はあろうかと(^^ゞ


予定通り、8時にスタートでしたが、牛歩の如きスピードでスタートラインまで進むのでした。

スタートラインは、遥か遠くに…(^_^メ)


そして、8時半を過ぎた頃、ようやく自分たちもスタートラインに到達しました。

いよいよ始まる「ツール・ド・しものせき」、わくわくしてきます。

MCの方が、15秒間隔でカウントダウンして、いざ出発です…


スタート直後のコースは、非常に狭い農道だったり、宅地造成地だったりと、前のバイクについて行くしか無い状況で、

おとなしく走っておりましたが、暫くして、「荒玉急行」(勝手に命名(^_^メ))の皆さんの足に火が入り、

コースの状況を確認しつつ、隙さえあれば、「荒玉急行」発車となりました。


殆ど最後尾なので、走るペースがゆったりしてて、「クロスロード」さんの朝練サイクリングとは随分違うな~と思いながら、

本来このくらいのペースがサイクリングであり、あれは、やっぱり普通じゃ無いのではと、妙に納得するのでした。


おいおい、何を撮ってるの…と思われますが、決して深い意味はありません。

第1エイドのスタッフのお嬢さんです。

ところで、走り出して5kmを行かないうちに、サイコンの速度表示が出なくなっており、

このエイドで確認したところ、センサーのマグネットがずれている事がわかり、

正規の位置にセットしたのですが、それでも、全く反応がありません。

先日の阿蘇ライドの時も、GPSナビに異常を来しておりましたが、今回は速度センサーが異常

この後も回復する事無く、結局本日の走行記録は何も撮れませんでした。悲しい…(x。x)゜゜


まぁ、一人では無いので、道に迷うことはありませんが、取りあえず気を取り直して、

走りとエイドを楽しむ事にしました。


第1エイドを過ぎた後、ある程度のペースを維持しながら走ります。


海岸線出る前の、ちょっとした坂道です。しかし、全般を通してほぼフラットなコースで、

初心者には優しいコース設定と思います。


一緒に走った、荒玉サイクリストのF氏とリーフ氏です。

みなさん、とっても元気な方達です。(^_^メ)


沿道では、地元のおじいちゃん、おばあちゃんから、小さなお子さん迄、至るところで「がんばれ~」

と応援が有り、とっても心遣いが気持ちいい大会です。…決してレースではないのですがね~(^。^)


暫く走っていると、いよいよ海岸通りに入ります。


海岸沿いのコースはとても気持ちよく、海もとっても綺麗です。

天気が良かったら、尚素晴らしい景色だったと思いますが、走るのには、丁度良い天気でした。


コースのあちらこちらで、カメラで撮影されていましたが、前方のこの車では、

走行しながら、ビデオ撮影されている様でした。カメラを見つける度にみんなポーズをとってます~(^_^メ)


そんな感じで、走っているうちに、いつの間にか、第2エイド到着です。


また…という感じで、エイドのお嬢さん方です。決して意味はありまえせん。(^_^メ)


ここでは、お饅頭と、水分補給をさせて頂きました。


緩急自在の走行で、急行列車の時は、時速40kmくらいで一列走行し、

ゆっくりの時は、こんな風に、談笑しながらのサイクリング、本当に楽しいですね。


第2エイドから、約10kmで、本日のViewポイント、「角島大橋」到着です。

テレビでしか見たことがありませんでしたが、本当に素晴らしい景色です。


折角なので、記念写真を撮って頂きました。また、グループ単位で主催者からの無料撮影が有り、

後日メールにて配信してくれるそうです。本当に至れり尽くせりの大会ですね。


まさに、エメラルドグリーンの海、快晴ならば、さぞ素晴らしかった事でしょうね。


この辺りまで来ると、随分ばらけて、気持ちよく走行出来るようになりますね。


御存知、有名な山口の「黄色ガードレール」。山口では、何処行ってもこの黄色いガードレールがありますね。


山道の途中で、いきなりの人だかり…、何だろうと思ってたら、「リーフさん」より、私設エイドだよ~

なんと、個人でエイドを開いてありました。


ここでは、熱々の「ゆで玉子」と「お稲荷さん」を頂きました。本当に美味しかったです。

サービス良すぎ…


私たちが着いた後も、続々と立ち寄るサイクリスト達、皆さんわかっているんですね~


私設エイドで補給した後、第3エイドに向けて走ります。

風も殆どなく、気持ちよくペダルを漕ぎ続けます。…が


第3エイドの少し前の坂道で、膝の上の内腿がつって来ました。


ふくらはぎがつる事はありましたが、内腿がつるのは始めてです。



コスモスを横目で観ながらも、思うよに動かない脚…

エイドはまだかな~~_~;


何とか、第3エイドに辿り着きました。

救護テントにエアーサロンパスが有り、すかさず患部にシュー(^。^)

なかなかの効き目、脚が回復!


第3エイドは、丁度お昼過ぎで、昼食と決め込みました。

先ずは、暖かい蕎麦、そして冷たい蕎麦もたいらげ…


出ました「角煮まん」

一人一個ですよ~という案内を忠実に守り、一個だけで我慢…

一体どれだけ食べるんだ~(^。^)


ふと、エイドの外を見ると、休息が終わったバイクが次々と走り去るのが見えました。


食べるものを食べ、出すものを出したら、さぁ出発です。

残りの距離約40kmです。


中間地点からは、内陸コースとなります。

この辺りはダム湖を眺めながらの走行です。


少し広めの道に出たら、なが~いバイクの列…

丘の先までずっとつながってます~

この後も、「荒玉急行」は、ぐんぐんと前のバイクを抜いて行くのでした。

時折、ふと気づくと、4両編成のはずが、いつの間にか、なが~い列車になっている事があります。

先頭の機関車は、時折入れ替わりながら、皆を引っ張って行くのでした。

私?、勿論客車に徹してました…(^。^)


公道から、河原に降りて少し走ったら、第4エイドです。


おにぎりです。久しぶりの米だ~


これは、ソーメン。どんだけ食べるの~、無敵の食欲!

普段自転車乗る時は、殆ど食べないのですが、お祭りみたいで、つい箸が伸びます…


河原のエイドなので、川面の景色が気持ちいいです。


芝生だ~、バイクと一緒に寝転がりたい~(^。^)


第4エイドを過ぎると、いよいよ残すところ20km。

ここから先は、今回のコースで一番の坂道となります。

坂道に入ると、どうしても少しずつ遅れて…

「わしの事は構わずとも良い、先に行くのじゃ…」な~んて気持ちでいるのですが、

優しい荒玉の皆さんは、いつの間にかペースを合わせてくれて、

また、元の列車に戻ります。


一番の坂道を登り終わった後に、最後のエイドがありました。

ここでは、水分だけ補給して、さぁ、ラストスパートです。


一気に坂道を下り、少し走ったら、見えてきました。ゴールの球場が…


そして、午後3時10分過ぎ、無事ゴールです。


皆さん、応援ありがとうございました。


走り終わった後の「ふく鍋」まだ食べるの ~

このイベント、本当に食い道楽です…


締めは、懐かしいビン入りのコカコーラ。炭酸がきっく~^ ^


本日お世話になった、荒玉サイクリストの御三方です(D氏、リーフ氏、F氏)

皆さん本当に、お世話になりました。
また、機会が会ったらよろしくお願いします~V(^_^)V


おまけ…

完走後の福引で、何と2等賞を当てて、電波目覚まし時計をゲット!!

安物かと思ったら、シチズンの結構いい時計でした。V(^_^)V

本日のリザルト

走行距離 132km…くらい
平均速度 不明…

今回ブログに書いてた通り、サイコンが原因不明の機能停止。

しかし、翌日再セットしたら、ちゃんとスピードメーターが回復。

さっぱり原因が分かりません。
やっぱり、ガーミンにしとけば良かったかな…~_~;

最後に…

今回、始めてこの様なサイクルイベントに参加したのですが、

地元の人たち、そして主催者の心配りがとても感じられて、本当に楽しい一日でした。

参加した皆さんが、口々に良かったと言われるのもうなずけます。

今年は、受付開始後僅か数時間で定員となっていましたが、

来年は、もっと早いのでは…

来年もまた参加したいと思いつつ帰路につきました。

それでは、またね~

良かったら↓クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

ロードバイク ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://cyclistar50.blog.fc2.com/tb.php/84-91086718
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。