上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日を追うごとに、日の出の時間が遅くなる毎日、

9月22日の早朝、前の夜天気予報を確認してるのに、

また、スマホのアプリから再確認

うん、今日は大丈夫。阿蘇方面は終日曇り、雨は無し…

今日は、ひと月遅れの阿蘇山ライド

スタート地点を何処にしようかと昨夜から悩み、

結局、走行距離を考慮して、大牟田「道の駅」をスタート地点に




午前7時スタート。走り始めて直ぐに、秋の気候を感じる…

寒い!! やはり夏の早朝とは違います。サイコンの温度計を見ると19℃

しかし、着る物は何も無し…、体が温まるまで、我慢して走るしかありません(-_-;)



約40分程で、山鹿のマックに到着。予定では、ココで朝マックのはずでしたが、

全く、お腹が空いて来ません。それもそのはず、実は朝食に昨夜の残りのおでんを

かなり…、食べ過ぎてたのでした。この事が、後で苦しむ事になろうとは…



七城町のメロンドーム辺りまで、来た所で、前方を走る一人のローディさん…

背後からそとっと近づき(^_^メ)、挨拶を交わします。勿論走りながら…

私    「おはようございす」
TREKさん 「おはようございます」

私    「どちらからですか?」
TREKさん 「久留米からです。そちらはどちらからですか?」

私    「柳川です。でも今日は大牟田道の駅から走ってます(^_^メ)」
     「ところで、どちらまで走られますか?」
TREKさん 「阿蘇大観峰方面ですよ」

私    「わたしも阿蘇に向かってます~」

と言うことで、暫くご一緒させて頂くこととなりました。

しかし、初対面しかも走りながらの挨拶で、直ぐに一緒に走れる…

素晴らしいロードバイクの世界ですね(*^_^*)



菊池市内に入り、ローソンで休憩。ここで少しお話をしました。

TREK乗りのローディさんは、「風の住処」という名前でブログを書いていらっしゃる事や、

色々なサイクルイベントにも参加されており、10月の「ツールドしものせき」にも参加予定である事

私も参加予定と言えば、「向こうで又会えるといいですね(^_^メ)」と

そんな事を話しながら休憩し、「さぁ、今から山道スタートです」



ここから暫く、私が前を引かせて頂きました…

しかし、山道を引いて走るって事は、想像以上にキツイ事がわかりました。

なかなかペースが掴めず、やはり少し無理をしてしまったみたいで、

菊池渓谷の「水の駅」で、早々の休息となってしまいました。



ここで、「風の住処」さんと、お別れしました。私のペースが上がらなくて申し訳無かったです(^_^メ)

この後、「ラピュタの道」から「大観峰」に向かうとの事で、私の目的地も同じところなので、

また、向こうで会うかもしれませんねと、「水の駅」の対岸を手を振って走りさられました…



又、一人旅の再開です。いつもの様に、自由気ままなペースで、菊池渓谷に向かいます。



一度走ったこの道ですが、前回は午後の暑い日差しに照らされて、汗だく…

でも今日は、午前中の曇り空で、そんなに汗をかく事も無くペダルを回します…



もうすぐ菊池渓谷、5月に走った時のゴール地点です。



午前9時半、やっと菊池渓谷到着です。でも、阿蘇山への山道はここからが本番となります。

ココまで来て、何となく体が重い、もっと楽に登れるはずなのに…と思ってみても、

やはり、今一つペースが上がらないのでした。



ここから先は、未知のコースとなります。勾配も10%オーバーがざらに出てきます。

また、トラックの通りが多く、冷や冷やする事も…



眺めの良い鉄橋ですが、急勾配の為、ゆっくり景色を見る余裕がありません。

バイクを停めて、一休みすれば良かったのですが、先がまだある為、そのまま走ります。



ずっと続く上り坂をひたすら走ります。

サイコンのナビに表示される、頂上までの残り距離を睨みながら…





しかし、遂に、気分まで悪くなって来て、急遽ストップです。

今まで疲れはしても、坂道を走っているときに、体調まで悪くなった事はありません。

で、ふと思い出したのが、「朝食のおでん」です。

つい、好物の「たまご、スジ、大根、こんにゃく」が…

その誘惑に負けて、食べ過ぎてました(^_^メ)


上の影は心霊写真ではありません。スマホを持つ手もおぼつかず、レンズにかぶってました(^_^メ)

ここで無理をしても、何の得にもなりません。「気ままにサイクリング」のお題の通り、

ここは気ままにゆっくり休憩と決め込みました。(^。^)

15分くらい座っていたら、随分気分も良くなって来たので、再出発です…



休憩している時もそうだったのですが、大型バイクの集団が、いくつもすれ違ったり、追い越されたり…

阿蘇方面は、ロードバイクより、遥かにモーターサイクルが多いですね。しかも、殆どが大型です。

こちらが、息を切らして登って行くその脇を、アクセル一つで抜き去るオートバイ達…

私も、20代の頃は、2ストクォーターで峠を走っていたくちなので、その魅力も十分理解しておりますが、

走り終わった時の達成感は、ロードバイクの方が遥かに上です…

でなければ、毎週山なんかに走りに行きません~(^_^メ)



菊池渓谷から10km程登ってくると突如景色が変わります。山の中から飛び出した様に、

周りの視界が一気に開けてくるのです。ここまで来たら、最高点迄もう少し…

やっと気分も晴れて来ました~



この交差点は、右へ行くと「ラピュタの道」方面、直進すると「大観峰」方面です。

当初は、大観峰から先に行くつもりでしたが、「風の住処」さんに合わせて、「ラピュタ」へGoです。



交差点を曲がって直ぐに、あっ!…「風の住処」さんとすれ違いです…

もう、ラピュタ終わって帰って来られたんですね。随分早い…いや、自分がへたれなだけです(^_^メ)

すれ違いざまに、挨拶を交わして、目的地を目指します。

しかし、阿蘇の景色は雄大です。惜しむらくは、天気が良ければ尚気持ちよかったのですが…



そして、遂に一つめの目的地「ラピュタの道」到着です。

入口のところに車止めが有り、車は入って来られないのですが、二輪車は隙間からVIEWポイント迄

降りて行くことが出来ます。私が到着した時には、大型バイク集団の御一行様が見学中でした。



初めての「生ラピュタ」…

いやー、人気なのがよく分かります。本当に素晴らしい景色です…

曇り空なので、写真ではなかなか表現出来ませんが、本当に来た甲斐がありました。



何枚か写真を撮っていたら、iOS6の新機能「パノラマ写真」に気づき、ちょっと試して見ました。

ビデオを撮る様に、カメラをパーンしながら、ガイドラインからずれないように撮影するのですが、

体を捻りながらの操作で、慣れないと中々難しいです。

結構細長い写真になるのですが、拡大すると「そこそこ」楽しめます…



写真を撮っていたら、「雨粒」がポタリ…、えっ?今日は降らないはずでは…

まぁ、山の天気だから、通り雨かな~と思い、次の目的地「大観峰」に急ぎました。



途中も、ずっと小雨が降る中走り続け、20分程で「大観峰」到着です。

いや、しかし駐車場はまるで「大型バイク」の展示場です。多種多様なバイクがずらり…

その中に、私の「ロードバイク」が、たったの一台…

「風の住処」さんも書かれていましたが、まさに完全アウェー状態です~

別に、オートバイと戦ってる訳ではありませんが…(^_^メ)



着いた時間が丁度お昼過ぎで、小腹も空いて来ましたので、名物の「フランクフルト」を調達…

肉汁がジューシーで、大変美味しく頂きました。しかし、この手の写真を撮ると、いつも後ピンです(^^ゞ



この後、展望台迄行こうか迷ったのですが、雨も降っており、ビンディングシューズで歩くのも何だかで…

結局、駐車場脇で写真を撮っておしまいとしました。

大観峰は、車で何度も来てるし、景色は「ラピュタの道」で十分堪能したので、良しとしました…



帰りに入っても、一向に雨が止む気配がありません。

そんなに、ひどい雨ではありませんが、しとしとと降り続きます…



阿蘇の景色は素晴らしいのですが、天気予報に裏切られて…

ついついペースが速くなってしまいます…

晴天ならもっとゆっくり走って、体中に阿蘇を感じて走るのですが…



雨は、いつしか本降りとなり、この後スタート地点の大牟田道の駅まで…

ずっっっっっっ…と、雨でした。

完全に「天気予報」はずれです。

雨の下り坂は、やっぱり危険ですね。一度菊池渓谷直前のコーナーでリアが流れ、

一瞬ひやっとしました…危ない危ない…



それでも、何とか無事走りきることが出来、スタート地点の車の中で、服を着替えて一段落…

温泉セットも車載していましたが、今日はそのまま帰ることに…

あっ、ちょっと報告がてら、「クロスロード」さんに寄って、

さんざん「天気予報」の悪口を言ってしまいました(^^ゞ

この日は、恒例の朝練をされてましたが、10名以上の参加で、午前中だから雨も無く…

ちょっと羨ましところでした。

でも、まぁこれも「有り」かな…と。自然の中で行うスポーツですから、雨の中をひたすら

ペタルをこぎ続けること…。普段の生活じゃ考えられないですよね~

それでは、またね~

■ 本日のリザルト

走行距離 134km
平均速度 21.4km/h
獲得高度 1590m

良かったら↓クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

ロードバイク ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://cyclistar50.blog.fc2.com/tb.php/79-4fd731ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。