上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大は小を兼ねない??

先日の日曜日、ロングライドに合わせて、買っておいた

「Deuter ULTRA RIDE 6」を初使用しました。



この手の中では最小容量と思われる、容量:6ℓ 重量:380gの

ほんとにコンパクトなバックです。

今回このバックで携行したのは、
  
  1 スポーツタオル
  2 500mlのペットボトル
  3 携帯
  4 財布
  5 ロックワイヤー
  6 アーレンキー
  7 カロリーメイト
  8 バナナ
  9 Blu-ray

何故Blu-rayがあるかと言うと、昨夜見た例の映画のソフトを

早朝(10時迄)に返却しないと返却日オーバーとなるからです(^_^メ)

これだけ入れたら、それなりの重さになるのですが、

このバックは、2箇所(腹部と胸部)にベルトがあり、これで体に固定する事により、

走っている時は、殆ど違和感を感じなくなります。

しかも、体に固定されていても、例のエアーが通る構造の為、

背中が蒸れることがありません。

今回100km以上走ったのですが、終盤まで、余り体の負荷は感じませんでした。

ただ、最後には、両肩の疲労感が若干出てきたのは仕方ありませんね。(^_^メ)

ところで、「大は小を兼ねない」とは、

人の意志は弱いもので、(特に自分は優柔不断(^^ゞ)

それなりのバックを使ったら、殆ど必要無い物迄、不安の為入れてしまうのです。

そして、それは単なる「重し」となり、重たいバックをさらに重たくして、

結果的に、非常に疲れるライディングとなってしまうのです。

ミニマム容量だからこそ、本当に必要な物しか、入れず、結果的に快適な

サイクリングが出来ます。

よって、今回のこのバックの選択は、大正解!!

と、思っています。

あ、そうそう、今回バックに携行した物で、二つだけ使いませんでした。

一つは、アーレンキー、まぁこれは、使わないに越した事はありませんね。

もう一つは、バナナでした。サイクリング中、あんまりおなか空かないんですよね~(^^ゞ

それでは、またね~

良かったら↓クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://cyclistar50.blog.fc2.com/tb.php/58-21ddfc13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。