上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、リアルタイムな話です。

今日は、早朝より恒例の正月行事である「ほんげんぎょう」でした。

「ほんげんぎょう」は、年末に竹とわらで円錐状に組み上げ、

毎年正月明けの最初の日曜日の早朝に火をつけて燃やします。

1年間の無病息災を願う行事だと思うんですが、その火で餅を焼いたり、

サツマイモを焼いたりして食べます。

picsay-1326012314.jpg

だいたい午前中で、この行事も終わりますので、午後からは、今年2回目サイクリングに出かけました。

ルートは、R208を南下し、途中から南関インター方面に向かいます。

途中、初心者の自分としては結構辛い上内峠」があります。

峠の登り口 ココは峠の登り口です。

ここから、約500mのきつい上り坂が続きます。

峠の頂上 やっと頂上です。

初めてこの坂を登った時は、頂上で5分間くらい、呼吸が戻りませんでしたが、

今日は、ペース配分を考えて登ったので、だいぶ楽でした。

やっぱり段々と慣れて行くみたいですね(^。^)

そうそう、今日のタイトル「温泉サイクリング」ですが、目的地は、大牟田の「満月の湯」です。

正月3日には、「平山温泉」に行ったのですが、それで味をしめて、今日も温泉巡りです。

しかし、南関経由で大牟田行きと、かなり変なルートの為、スマホのマップで確認しようとしたのですが…

マップを使用する度に…「電源を切ります…」と無情な強制終了

何度も何度もこれの繰り返しで、もう~、やってられね~

使っているスマホが初期型のエクスペリアなんで、遅い上に不安定になってるんです(x。x)゜゜

仕方が無いので、勘で走っていたのですが、南に走りながら、標識に

直進「荒尾」、右折「大牟田」

そりゃあ、当然右折ですよね。

しかし、これが、上内峠の坂よりもっときつい山への誘いでした。

途中までは、ちょっとした山かな~と、そこそこのペースで走っていたのですが、

途中から急に険しくなって、それでも負けてなるものかと、一生懸命ペダルを漕いでいたのですが、

最後はダンシングとシッティングを交互にして、息も絶え絶えに何とか登り切りました。

大牟田市内を見下ろす 下りの途中から大牟田市内を臨む

下りは、ヘアピンの連続で、登りよりさらに急な坂で、逆のコースでは絶対登り切れないと思いました…

帰ってから地図で調べたところ、走ったところは「大間山」の峠でした。しかし、随分ルートがそれてましたね~

大牟田市内に入ってからは、特に迷わず、目的地の「満月の湯」に到着。

ゆっくりと1時間半温泉につかり、疲れを癒したのです。

しかし、上下サイクリングウエアで温泉に行くと、かなり浮いた感じになります(;´_`;)

帰りは、殆ど平地を走り帰宅しました。

< 本日のresult >
走行距離>>51.2km
平均速度>>24.8km/h
最高速度>>55.2km/h

人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://cyclistar50.blog.fc2.com/tb.php/5-671973aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。