上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ、菊池渓谷へと続く坂道のスタートです。

スタートして直ぐに、急坂のヘアピンに入ります。

さっき休憩して10秒チャージしたばかりだから、こんな坂で

へたばる訳はありません。

この坂も、ほんのちょっとの距離で、ちょっと拍子抜け…

続く坂道も、日ごろの清水山ヒルクライムから比べれば、

緩やかな坂道…、鼻歌とはいきませんが、そこそこのペースで

走ることが出来ます。



ちょっと長い直線の坂道の途中にあった、道端の草花たち…

ホントに綺麗で、ちょっとスナップショットです。


つぎの休憩地は、「菊池渓谷水の駅」

菊池川の畔にある道の駅ならぬ、水の駅です。





足湯の表示があったのですが、季節は初夏… 

お湯は無くて、ただのベンチの様でした、残念(ー_ー)!!

ここまで、所々の急坂は、2速ギアアップしてのダンシングで

なかなか快調に走ることが出来ています。

ここから目的地の菊池渓谷迄、6キロ弱、ラストスパートに入ります。

暫くは、あまり急な坂は、ありませんでしたが、残り2キロとなって

いよいよ勾配が急になって来ました。

いつもの山より、勿論急な坂ではありませんが、ここ迄炎天下を

60km近く走って来てるので、流石に、ラストはバテテしまいました。

そして、午後2時過ぎ、到着です。


菊池渓谷、いつも車で来ている避暑地ですが、自転車で来るのは、

勿論初めてです。自転車を歩道の横に停めようとしたら、

バスをUターンさせる詰所の職員さんに止められたのですが、

詰所横で預かってもらえて、助かりました。親切な職員さんです。

何処からですか?と聞かれたので、柳川からと答えたら、びっくりされましたが、

午前中は、長洲から来られた二人連れもあったとかで、結構、あちこちから

走りに来られるみたいです。





梅雨入り前で、水量が少なかったのですが、綺麗な渓谷です。

ビンディングシューズなので、いつも歩く渓谷沿いの散策は出来ませんでしたが、

いつも食べてる、地鶏の串焼きは、食べました。


とっても美味しくて、ついビールが欲しくなるのですが、

勿論、今日は、お茶で我慢しました。(^_^メ)


約1時間ここで過ごして、帰り道のスタートです。

帰りは、殆ど下り坂…快調に走れます。

BSでやってる「こころ旅」じゃありませんが、

ついつい、「下り坂最高!!」と声が出ます。(^_^メ)




途中、古い石橋発見!!

下まで下りてゆく元気はなかったので、写真だけパチリ!!


菊池市迄、あっと言う間に下って、今度は、山鹿までの長い田舎道。

走っていて、今日はまともに食事をしていない事に気づき、

コンビニを探して走っていたのですが、対向車線側にしかなく、

何度もパスを繰り返してたら、山鹿市迄、着いてしまいました。

そしたら目の前にMacが!、迷わずMac・inです。

お店の中で、シューズを脱ぎ、しばしの休憩…、エアコンの効いた室内

生き返ります。

あんまりゆっくりしてると、日が暮れてしまいますので、

15分くらい休んで、残りひと山越えに向かいます。

山鹿を抜けたら、何度も走っている温泉サイクリングのコースです。



南関に入るちょっと前に、100kmの大台に乗りました。


ちょっと記念撮影をして、残りを、一気に走り抜けました。

ラストの10kmを切ったあたりから、結構きつかったのですが、

何とかペースを落とさず、無事帰路に着くことが出来ました。

到着時間は、午後6時16分、出発してから丁度8時間でした。


走行距離:122km
平均速度:23km/h
総上昇量:943m
平均心拍数:149pbm
平均ケイデンス:76rpm

今度は、阿蘇大観峰迄走りたいです。でも、今の体力ではきつそうです。

暫くは、100km前後の山道で鍛えなおさないと(^_^メ)

良かったら↓クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://cyclistar50.blog.fc2.com/tb.php/44-85072cd8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。