上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レーパンは必須?

ロードバイク購入記でも書いていましたが、

予算を大幅に超えてロードバイク本体を購入した為、

同時に購入した用品が、本当に僅かでした。

同時購入品
 1 ヘルメット(やはりこれは必須かな)
 2 ゲージ付きフロアポンプ(常に空気圧を管理しないと、パンクしますからね)
 3 パンク修理キット(予備チューブ、携帯ボンベ、タイヤレバー等)
 4 ボトルホルダー及びボトル(水分補給は必須ですよね)
 5 サイクルコンピュータ(モチベーション維持の為)
 6 ビンディングペタル(ペタルが別売とは(;´_`;))

以上、僅か6品目です。

通常はグローブや、サイクリングウエア、シューズ等も購入するのでしょうが、

これで、もう目一杯ってところです。

で、購入した翌日、いきなり山へ(日向神ダム)向かったのですが…

  足下 … スニーカー
  ズボン … 綿パン  
  上着 … ヒートテック+ウルトラライトダウン(ユニクロコンビ)

走り出して、1分で「痛い!」、勿論おしりが…

いろんな本で、ロードバイクに初めて乗ったときに誰でも受ける洗礼

あの、ハードなサドルとソリッドなフレームによる、おしりへの打撃!!

近場で引き返そうかな~と、弱気な気持ちが出てくるのですが

うんにゃ、負けてはならじと、走り続けたのでした。

有る程度走るうちに、お尻の痛さが麻痺してきたのですが、

次に来たのが、坂道でのペタルの苦しさ…

今思えば、大リーグボール養成ギブス(古~(^_^メ))の様な、綿パンの負荷

ただひたすらに耐えて、何とか目的地の日向神ダムに到着したのでした。

帰りは、下り坂で、それなりに楽だったのですが、

途中から、ハンドルの振動で今度は手が痺れて、シフトチェンジもままならなくなり、

家まで10kmを切ったあたりで、とうとう足が死んでしまい、

全くペタルに力が入らないまま、やっとの思いで帰宅したのでした。

そして結論

1 パッド入りでお尻に優しく、しかもペタルの負荷を軽減させるレーサーパンツは必須
2 振動から手を守る専用グローブは必須

となり、直ぐに困ったときのAmazon頼りで、物色し始めたのでした。

続きは、また明日です~

PS お尻の痛さは、数日間消えませんでした、ひぇ~ 

良かったら↓クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://cyclistar50.blog.fc2.com/tb.php/12-47dfa429
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。