上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北風との戦い!

今年3度目の温泉サイクリングです。

前日に、「リベンジ清水山」で結構体力を消耗していたので、

今回は近場の、「あおきの湯」にしました。

しかし、最短距離で走ったら、14km程度しか無く、

あまりにも近すぎる為、ちょっと遠回りをして向かいました。

柳川大川ポタリングコース1
<コース説明>
右下よりスタートして、柳川沖端を通り、そのまま西に向かい、筑後川を渡った後、
北東に向かい、再度筑後川沿いを北上して、目的地の「あおき温泉」で、ゆっくり温泉につかり、
帰りは、そのまま南下して帰路に着きました。

picsay-1326618388.jpg(地図上の①)
柳川観光の中心地「沖の端」です。
周囲には「御花」、「白秋生家」等があります。
当日は、あまり天気が思わしくなく、寒かった為、
人通りはまばらでした。川下りの「どんこ舟」は
こたつ舟仕様となっています。

ココまで、自宅から僅か10分なんですね。

沖の端を後にして、西に向かうと、筑後川にかかる「新田大橋」が見えてきます。
picsay-1326712852.jpg(地図上の②)

前に渡ったときは、結構この坂もきつかったのですが、

今は、鼻歌交じりで登ることが出来ます。

勿論、「自転車」の性能によるものですが…(^^ゞ

picsay-1326618469.jpg(地図上の②)
新田大橋の中央から、有明海を望みます。
天気が良くないので、もやっています。

その後、中州(大野島)を横断し、もう一つの橋を渡った後、

北西に向かいました。

暫く行くと、再度筑後川に合流します。

合流地点には、旧国鉄時代に有名だった「昇降橋」があります。

picsay-1326618546.jpg(地図上の③)
昔、東洋一の昇降橋と聞いたことがあります。
汽車が通るときは降りて、大きい船が通るときは、上がる様になっています。
現在は、公園となっており、歩いて昇降橋迄行くことが出来ます。

この後、筑後川沿いを走るのですが、北東の風がとても強く

平地なのに、スピードが20km/h程度しか出ません。

山道なら、登った後の達成感があるのですが、

向かい風は、何の達成感もなく、ただただ、疲れるだけです。

picsay-1326618581.jpg(地図上の④)
この辺りが、一番きつかったところです。

「青木大橋」のたもとで、筑後川とお別れし、やっと温泉に到着です。(^。^)

picsay-1326618617.jpg(地図上の⑤)

あまりに近場なので、今まで来たことが無かったのですが、

ネットの「クチコミ」で調べてみると、結構評判が良かった為、

本日の目的地としました。

で、実際に入った感想ですが、評判通り、温泉の泉質が大変良かったです。

ぬるぬるしか感触は、正月に行った「平山温泉」に負けてません。

但し、日曜日の午後で、大変人が多く(それだけ人気なのでしょうが)

狭いサウナ室は、常に満員状態。サウナに入るために、10分待ちなんて

事で、今回は1回しか入れませんでした。(普通2回は入るのですが…)

ここで、ゆっくり1時間程温泉に入り、帰路に着きました。

最後は、追い風で、かなりハイスピード(30km/h~35km/h)で

走りましたが、前半の向かい風がきいて、平均速度は、24km/h弱でした。

次回は、また別の温泉地を目指します~(^_^メ)

< 本日のresult >
走行距離>>37.2km
平均速度>>23.8km/h
最高速度>>42.6km/h

良かったら↓クリックお願いします!
人気ブログランキングへ










関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://cyclistar50.blog.fc2.com/tb.php/11-7d67ef8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。