上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今まで、奇跡的に毎回快晴の中で走り続けられたブルべ。6回目にして、ついにエクストリームの予感…
数日前より「台風18号」のコースと最接近の日程を見ながら、度々変わる予報に一喜一憂…(笑)
そして直前の予報では、曇りのち雨…、しかも風はかなり強くなりそう…
覚悟を決めて出発したBRM1005大宰府200kmだった。



今回のスタート・ゴールは大宰府です。ルートは、前半は三瀬越えを含むヒルクライム主体、後半は、海岸線が多い平坦主体となっている。普通の天候なら、前半がきつく、後半が楽なコースと思われるが、今日は台風…見事に裏切られたのだった…



スタート地点に着いたのは午前6時半過ぎ。8時スタートにしては少々早い気がしたが、既に数人のランドヌールが準備を進めていた。ここに来る途中では結構風が吹いていたが、今は大した事ない。ただ空はどんよりとしており、この先の天候を暗示している様だった…



受け付けと車検が終わり、ブリーフィングを待っている時、突然見覚えのある顔が…
M野君だった。以前は良く一緒にサイクリングしたのだが、彼の職場が変わり、柳川を離れてしまったので、最近は会っていなかった。今日発信したFBを見て、応援に来てくれたのだった。正直とても嬉しかった( ^)o(^ )
もう少し、話をしたかったが、ブリーフィングの呼びかけがスタッフからあり、ここで別れた。本当にありがとう。




今回のエントリーは89名、流石に多い。200㎞の距離と大宰府スタートゴールの利便性から、台風接近にも関わらず、60名以上が集まっていた。また、ダンゴ虫会長から「初ブルべの方いますか?」の問いに、かなりの手が上がり、ベテランで余裕のある方は、フォローして欲しいとの言葉が…普通の天候なら問題無いのだろうが、この天候を気にしての事と思われた…



午前8時スタート。スタート地点は大宰府から山手方向に登ったところにあり、暫く下り坂が続く…という事は、ラストはこの登りが待っている。まるで阿蘇望のアスペクタへの登りの様だ… 既に弱音が…(弱)
大宰府を抜け、塚原台から県道580へ。暫くは、今年BRM222熊本300kmで走ったルートのトレースで、試走も含め2度走っている為、見慣れた景色だ。



三瀬峠前の那珂川の峠が、実はくせもので結構キツイ…200m足らずの峠のくせして、三瀬より斜度がキツイ気がする…
那珂川を過ぎ、三瀬の登りに入ったところで、後ろから声が…「暫く後ろに付かせてもらってもいいですか?」と。
勿論OKと応え、談笑しながらの登りとなった。「今日は、いつもの仲間が出てなくて…」と福岡の彼。こうした出会いも、またブルべの楽しみの一つ。



話ながらの走りは、時が経つのが早く、気がつけばループ橋迄登っていた。ここ迄来れば、三瀬トンネルはもう目の前。
トンネルを抜け、第1のチェックポイントの料金所を過ぎたところで、福岡の彼とは別れたのだった。まぁ。この先もPC毎に顔を合わせたのは言うまでも無いのだが…(笑)



三瀬峠を越えた後、県道299から北山グリーンロードを七山方面に向けて走る。車通りも少なく、新しい道で走りやすい。天候も少し青空も見え隠れする程良くなって、風も大した事無く、本当に台風が接近しているのかと思われるのだった…
幾つかのアップダウンを繰り返し、やがて唐津に到着。唐津街道「虹の松原」を快適に走り過ぎると、PC1はもう目の前だった…




◼️ 11:06 PC1ローソン唐津神田店到着【72.4km-close12:52】


CATEYEの距離計がだいぶ違っている。前日前輪周長を測って設定したのだが、かなり誤差がある。キューシートの距離をCATEYEの距離計誤差を頭で修正しながら走っているだが、正直疲れる…このブルべが終わったら周長設定し直しだな(笑)

さてPC1では、おにぎりとサンドイッチで補給。勿論胃の為に飲むヨーグルトを先に飲んだのは言うまでも無い(笑)。
そうこうしていると、M川さん、Kマンさん等ベテランのランドヌールも続々到着。今回Kマンさんは、普通に200㎞走っても面白く無いとの事で、ミニベロにて参戦。下りで全く付いて行けないと嘆いておられたが、自業自得…(笑)



折り返し地点の「鷹島」迄は、いくつも峠越えとなる。R204から広域農道に入ってから、暫く走ると「福島」を望む見晴らしの良いVIEW POINTがあったので、思わずバイクを停め写真を撮った。しかし後にも先にも、今回のブルべで景勝と思い写真を撮ったのはココだけであった。



鷹の島が近づくにつれ、やはり風は強くなっていった。今まで穏やかだったのは、北側の山陰に入って風を防いでくれていただけに過ぎなかった。鷹ら島の有人チェックポイント前の日比水道に架かる大橋では、物凄い追い風…軽くペダルを廻すだけで、50km/hは出てる…と言う事は、帰りは…



◼️ 12:35 鷹ら島有人チェックポイント到着【97.9km-close14:31】


ココで前半終了。かなりのハイペース。ココまでは10時間を切りそうな勢いで走って来たが、本当の厳しさはこの後待っていたのである…



とりあえず、Kマンさんの後姿を入れて、記念撮影(笑)



本当は「海鮮丼」を食べたかったのだが、お寿司で我慢…
お腹が空いてて、あっと言う間に胃袋の中へ…(笑)

そして、遂に過酷な後半戦がスタートしたのだった…((+_+))

※ 後半はPC以外の写真が無い…とても写真を撮る余裕が無く、ご容赦願いたい…m(__)m

後半スタートは、先ずとんでもない向かい風の中、橋を渡る事から始まった…
あまりの強風で、車道を走る事が出来ず歩道を走っていたのだが、それでも突然襲ってくる突風の横風に、危うく手すりに激突しそうになる事数度…しかし、橋を越えてからは、それほど風は強くなく、暫くは往路で走った県道217を逆にトレース。古保志気でR204へ左折した後、唐津迄は、多少のアップダウンはあったが、通常のペースで走る事が出来た。




◼️ 14:14 PC2ファミリーマート唐津佐志店到着【122.8km-close16:16】


到着時間の数字がこれからを奇しくも物語っていた…(1414→いよいよ)(笑)
ここでは、バナナとヨーグルトを補給。そろそろ胃も疲れて来た様子で、あまり負担のない食べ物にてすませる。
空は、いよいよ怪しくなって来て、今にも泣き出しそうであったが、まだ雨粒は落ちて来ていないので、そのままリスタート…

唐津市街地のR204を少し走ったところで、遂にと言うか、とうとう空が泣き出した。少し様子を見ながら走っていたが、止む気配が無い事に業を煮やして、目に留まったコンビニに飛び込んだのだった。
今年初めての雨具登場である(笑)
まだ、本降りと言う訳では無かったので、取り敢えず上だけレインウエアを羽織ってリスタートである。

ところが、数百メートルも走らないうちに、雨が小降りに、そして上がってしまったのである。次のコンビニで脱ごうと思ったが、今度は、適当なところが無い。え~い面倒だ~、そのまま走ってやれ~と進んで、R202へ折れた途端、松浦川に架かる大きな橋が目の前に表れた…

ここに来て、レインウエアを着ている事に後悔した…物凄い風である。しかも歩道が無い(≧∇≦)容赦ない強風は、激しくレインウエアを煽り、今にも車にぶつかりそうである。じゃあ降りて歩けば良いだろうに…でも、降りて歩くのは気に食わない為、必死にもがいて、何とか橋を渡り切った…ふぅ~

だか、この橋の強風は、まだまだ序の口だった事に、この時は気づいて無かった…
浜玉を抜け、唐津湾の海岸通りに出てからが、本日最大の難関となったのである…

荒れ狂う海、波しぶきが今にも頭に被りそうなくらいの勢いで、波が押し寄せて来る。そして、とんでもない強風…
やはり台風接近時の海っ端は、尋常じゃない。極めつけは、海に少し飛び出した岬を抜ける時である。一瞬にして、バイクが持って行かれそうになる。

目一杯ペダルを漕いでも、一桁のスピードしか出ていない…もう、バイクを押さえつけて、流され無い様にするのがやっとであった。そんな岬を何度となくやり過ごして、やっとの思いで、海岸通りを抜けたのだった…

やっと強風域を過ぎたと思ったら、今度は渋滞である。糸島を過ぎ、波多野付近のR202は、通りが狭い上に日曜日夕方の混雑で、大変走りづらい。渋滞した車の横をすり抜け今宿交差点を右折したらPC3到着である。



◼️ 16:54 PC3ローソン福岡西警察署前店到着【167.5km-close19:08】


まだ、アドバンテージは2時間以上確保していた。ここで、レインウエアを脱ごうとしたら、今度は汗をかいた体が冷えて、とても寒い。仕方ないので結局脱ぐのを止めて、最後まで着て走る事にした。

お腹も少し空いてきた為、ブリトーもどき…セブンじゃないから類似品(笑)…を買ってレジに持って行ったら、当然レンジで温めてくれるだろうと期待していたが、そのまま袋に詰められ…?? 「おいおい、冷たくて食えねーじゃねーか~」と、心の中で怒りながらも、言葉では「すみません、温めてもらえませんか~?」と超小市民的な言葉…
まぁ、兎に角温めてもらって、チーズとハムのブリトーもどきで胃袋を満たしたのだった。

さて、いよいよ残り30㎞ちょいである。福岡市内の大通りは、引っ切り無しに車が行き交う。
左側には、広い歩道と自転車道が一体となったスペースがあるのだが、そこは走りたく無い…
それは、歩行者が行き交う為、危ないと言うのが一番の理由だが、もう一つ走りたくない理由は、全く交通ルールを無視した自転車が多い事にある。スマホ片手によそ見して走る自転車、右側を通行する自転車(これは、自転車道では認められているのかもしれないが、非常に危険である)の、何と多い事か…そして、遂にそれは起こったのである。

スマホを見ながら自転車道を走る少年を左手に見て通り過ぎたら、今度は前方から逆方向に走る数台の自転車があった。次の瞬間、左後方で「ガッシャーン」正面衝突である。スピードは出していなかった為、大した事故では無かったが、お互い前を見ずに走っていたのは、あきらかである。しっかり自転車走行のルールを教育しない限り、インフラだけ整備しても、何にもならないのではないだろうか…

話は、随分それてしまったが、そんな事を考えながら、R202から県道505へと折れると、いよいよゴールは間近に迫っていた。最後は、あの登りである…スタート時の予想通り、最後のこの坂はやはりキツイ…
僅か2km弱の登りなのだが、強風と渋滞でダメージを受けた体には堪えた…




◼️ 19:00 ゴール【200.7km-close21:30】


認定タイムは11時間ジャストであった。前半は、10時間を切る勢いだったが、後半の向かい風は、流石に手ごわかった。200㎞の一番短いブルべではあったが、やはり普通のサイクリングとは違うと思う…

今回で、一応今年のブルべ参戦は終了の予定。シーズン前半でSRを達成して、ダブル宣言をしていたのだが、前回の400㎞で、そんなに甘いものじゃ無い事を痛感したのだった。

来年は、また一から出直しである。1年目の今年は諸先輩から教わりながら、何とか走り続けられたが、来年は是非自分のスタイルを確立したいものである…

それでは、また次回…



ルートラボの獲得標高は2600m程なのに、GARMINでは3300mを超えていた。ココにも台風の影響が…(笑)
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。