上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


辿り着いたPC3。辺りはすっかり暗くなっており、今から夜道に入る。
ここで、休息を取ると、夜間走行に向けた準備を行った。と言っても、GENTOSのヘッドライトを頭に装着しただけであるが…(笑)

これから登りに入る為、まだ汗をかくだろうと、特に寒さ対策を行わずにリスタートしたのだが、これがまずかった。
県道14からR315を約400m登る坂道。途中2度程下り坂もあるのだが、寒い!!
昼間あんなに暑かったのに、気温は一気に15度迄下がっていたのだ。たまらず、峠のトンネルを抜けた後、自転車を停めた。

先ずはウインドブレーカーを羽織り、少し小腹も空いていた為、PC3で調達したバナナを1本食べた。すると急激に睡魔が遅い、そのままトンネル出口過ぎの道路脇で横になった。ほんの5分程度であったが、少しは体が休まった。

リスタートして、山道を下るが、今度は脚の冷たさが堪えて来た。こんな事なら、さっきレッグウォーマーも着用すれば良かったと思ったが、Y尾氏とツインで走っていた為、直ぐに停まる訳には行かず、結局ホットコーヒを飲みたいという、Y尾氏の希望で、自販機がある所まで我慢して走って行った。山道の途中には、自販機等殆ど見当たらず、漸く徳佐の少し手前で右手に自販機を見つけて、ここで停まった。

冷えた体にホット缶コーヒー、身体が休まる瞬間なのだが、ここで、前の400kmの嫌な記憶が蘇った…
それは、同じような状況で飲んだホット缶コーヒーで、急激に体調を壊して、それ以降吐き気に苦しめられた事だ…
PC3迄絶好調だった胃袋が、やはりここに来て、少し不穏な動きをしてきた…えっ?またなのか~(泣)

ゆっくりと、胃をいたわる様に飲み干すと、サドルバックからレッグウォーマーを取だし、着用した。
しかし、Y尾氏は、今回のブルべにレッグウォーマーを用意して無く、下半身はレーパンのみ…、見てるだけで寒い…((+_+))



徳佐に着くと、この山道唯一のコンビニがある。次のPC迄随分距離がある為、ここで小休止する事にした。
他のランドヌールもどうやら同じ事を考えていた様で、続々とこのコンビニに集まって来た…
あまり食欲は無かったが、誰かがカップヌードルを食べているのを見て、急に食べたくなったのだが、遂に来てしまった。食べたいのに、胃が受け付け無くなる状態…何とか無理して半分くらいは食べたが、それ以上は無理だった…

少しだけ休憩して、再び山道へと進む。次の目標は最初のクイズポイントである。
その前に、峠を一つ越えなければならないが、夜間の走行は、段々と時間の感覚が麻痺して来て、今何時なのかが分からなくなってくる。まだ、夜半前なのだが、今朝は4時起床した為か、やたらと遅く感じる…かなりきつい…(>_<)

そして見つけた、クイズポイント…、「元気がでるっちゃ、○○○○のお店」伏せ字に入るのは、そう「フェスタ」!!
かなりふざけた(失礼)ネーミングである。これを見ても、全く元気は出なかったが、写真を撮っておく。勿論記録用。
そうこうしている間に、2名のランドヌールが追いつき、その後は4人パックとなった。

4人で走ると、照明がかなり明るく、全く街灯の無い山道では、とても走りやすい。暫く走ると、再び峠の登りとなる。
急勾配で、先頭を行く自転車がジグザグ走行となっていた。かなりスピードが落ちており、このペースに合わせるのが、かえって苦しく、ダンシングで先頭に立ってしまった。先頭に立って気づいたのだが、照明が暗い…電池が切れかかっていた…走りづらいと思った時、下りとなってしまった。

荒れた下り、コーナーも多く、かなりやばい…、次の瞬間、道の中央にかなり大きい木の枝が…
間一髪避けたが、後続に合図を送る余裕が無く、後は避け切れたかどうか…、しかし誰も落車は無かったので一安心…
暫く下ると、道がやや広くなり、丁度自販機もあったので、コーラ休息にする事にした。
2名のランドヌールとは、ここで分かれた…

PC4に到着する前、どこかの交差点の歩道で、もう一度休憩した。
自転車を倒して、自分も座り込み空を見上げてると、冬の星座たちが、昇りはじめていた…
そうか、もうそんな季節なんだと思いながら、ひときわ明るいシリウスを目に焼き付けて、再び走りだした…



◼️ 1:47 PC4ローソン到着【272.8km-close5:08】


3時間以上のリードタイムを残しての到着だったが、また胃をやられてしまっていた…
ここでは何も食べられず、水分補給だけとなった。仮眠する事も出来たのだろうが、何かに追い立てられるように先を急いでリスタートとなった。

PC4を出て少し走った所に道の駅があったが、やはり休む事無く、そのまま秋吉台へと向かった。
ここからの道は、良く整備されており、とても走り安いのだが、急速に体力は奪われていったのである…(-_-)



R435から県道242(秋吉台道路)の登り…そんなに急勾配では無いはずなのだが、もう脚が動かない…、ここまで付かず離れず走っていたY尾氏から徐々に遅れ出す。もう、追いかける余裕が無い…

丁度秋吉台を登り切る頃、稜線にオレンジ色のすじが…夜明けが間近に迫っていた…、なんて綺麗な夜明けだろう… 身体はもうボロボロだが、ここで朝を迎えられる事に喜びを感じながら、やがて頂上に辿り着いた…



次の目標は、2番目のクイズポイントである。秋吉台のとある案内板の色を答える事となっていた。
秋吉台道路を、今度は気持ちよく下りながら、指定の案内板を探す…、場所は「秋吉台のどこか…」なんていうアバウトなヒントだから、見落とさないように走っていると、それは突然目の前に現れた…

絶対見逃すはず無いよね…(笑)、こんなに目立ってたら…(^_^;)

ここでも色を憶えるのが面倒なので、記録写真をパチリ…
これで、今回のブルベのチェックポイントは全て終了、後はゴールを目指すのみとなった。

このクイズポイントで少しばかり休息を取った。今まで共に走ってきたY尾氏は、ここで一気に着替え始めた…
朝を迎えて、新しい下着に着替えられる彼が羨ましい…きっと気分も一新した事だろう。
自分は、朝を迎えながらも、600kmの時の様な爽快感が無い…たぶん寝てないせいだ…

彼が着替え終わるのを待って、リスタートを切った。



最後の峠が待っていた…
秋吉台で、もう登りは終わりかと思っていたら、最後に待っていた、県道31からJR美祢線を越えた県道267の上り坂
もう前を行くY尾氏の姿は遠くなり、やがて視界から消えた…
僅か200m程の登りなのに…、たいした勾配でも無いはずなのに、GARMINの速度計は一桁を指していた…
もう少しで峠というところで、遂に限界が来た…

山側の壁に自転車を立て掛け、道路脇に、そのまま倒れ込んだ…
睡魔が限界に達したのである。端から見たら、死体同然…、自転車を倒したままで、こうしていたら、きっと事故だと思われた事だろう。体の直ぐ横を、車や自転車が通り過ぎるのを、遠ざかる意識の中で感じていたが、もう動くことが出来ない…

どのくらいたったのだろうか、誰かの声がして目が覚めた…
「大丈夫ですか?」と声のする方を見ると、一人の男性が心配そうな目をしてこちらを見ていた…
思わず、はっとして、「大丈夫です、寝ていただけですから…」と答えると、男性は、前方に停めた車へと戻って行かれた。

本当に迷惑をかけてしまった。きっと、停まらずとも、気にして通り過ぎた車は、随分あったに違いない。しかし、「大丈夫です、寝ていただけですから…」なんて、峠道の横で言うセリフじゃない…(^_^;)

気を取り直して、リスタート。たぶん15分も寝てはいなかったと思うが、睡魔は遠ざかっていた。その代わり、急激に喉が渇いていた。ボトルの中は殆ど空になっており、自販機を探して走り出した。

この通りはかなりの田舎道で、自販機が殆ど無い…
やっと見つけたのは、県道38に入ってからだった。とりあえずコーラを飲み、そしてアクエリアスをボトルに満たした…
残りは50kmを切っており、もう登りは無い…時計を見ると、まだ午前8時前。上手く行けば、23時間を切れるかもしれないと思いペースアップを図った…

県道38から県道34へ。道は整備されており、また追い風に乗って、良いペースで走る事が出来た。残り25kmとなったところで、午前9時を迎えていた。ギリギリ行けるか…と思ったが、海岸通りのR9に出た途端、信号のオンパレード…
関門海峡をアンダーパスしたところで、午前10時を過ぎてしまった…




◼️ 10:05 ゴール 認定タイム23時間5分


今回のブルベ、絶好の天気、絶好のロケーションであったが、やはり観光ブルベとはなり得なかった…
前半は、思いの外調子良く走れたのだが、やはり深夜過ぎてから消化器がやられてしまった。(T_T)
でも、角島のエメラルドグリーンの海、山の中で見上げた星空、秋吉台の夜明け等、心に焼き付けられた風景は、今も鮮明に脳裏に宿っている… 非日常の時間と空間… それこそが、ブルベの醍醐味では無いだろうか… 
また、消化器の不調も、前回の600、前々回の400程では無かったので、少しずつは慣れてきたのかもしれない…

そうそう、ゴールに辿り着いた時、先にゴールされていた、ダンゴ虫会長から「死体が帰って来た…」の一言で、何故が元気になったのは何故だろう…

それでは、またね~(^_^)
関連記事
スポンサーサイト


「おいでませ、山口へ」って言うキャッチフレーズが、遠い昔あった様な…
そんな異国の地…大げさな(^_^;) での初めてのブルべ…
でも、山口路を自転車で走るのは初めてでは無い。今から2年前、やっと100km走れる様になった頃、リーフさん等に誘われて初めて参加した自転車イベント「ツール・ド・しものせき2012」…あの頃は平和だったな~(笑)
「お・も・て・な・し」たっぷりのイベントに別れを告げ…今や修行の日々… ん?何か変な方向に行って無い??
もとい!! 今回のブルべ、絶好のロケーションを堪能できるのか…それとも… こうご期待??(笑)



今回のコースは、ご覧の通り、前半は海沿い後半は山間部。ルート上には、角島や萩、秋吉台等、山口の観光スポット満載…わくわく感いっぱいなのだが…
しかし、距離は400km、通常ブルべ2番目の長距離。前回400kmの悲惨な終盤の状況を考えると… 不安((+_+))、



さて、9月13日午前5時、下関に向けて出発~。今回のスタート時間は11時なんで、こんなに早く出かける必要は無いんだが、スタート前の楽しみの為に早出したのだった…(笑)



午前8時、下関到着!!早っ(笑)
関門海峡から九州を望む…、つ、遂に来た、異国の地…これから長州制覇だ~って、何しに来たんだっけ(笑)
まぁ、天気は良いし、気分も上々(*^。^*)



今日、いち早く出発した理由…、ココ「唐戸市場」で朝ご飯を食べる事だったのだよ。
しか~し、市場の中に入って、露店を見回しても、どこ~も、台の上は空??
おばちゃん達が、トレーなんかを洗っている~
と、別の露店の台の上に、フグの天ぷらが…、あっこれで良いや(^'^)と思い、店の人に声を掛けたら…
「9時半からの一斉販売です」 えっ?? ガーン!! (>_<)
市場なのに、朝遅っ!!、観光市場なので、仕方ないのか…
で、結局諦めたのでした~ 楽しみ一つロスト…(T_T)



気を取り直して、スタート地点近くの駐車場に移動…
今日一緒参加される、Y尾さんに教えてもらったコイン駐車場で、この近辺では一番安いところです。24時間で600円也~
この抜けるような青空…今年5回目のブルべは、またもや好天に恵まれたのだった…
こんなに毎回晴天で良いのだろうか??




海峡ゆめタワー前のスタート地点に着くと、既に多くのランドヌールが集まっていた。
ブルべカードをもらって、早々に車検を済ませて、しばし顔なじみと談笑…
毎回、スタート前は、わくわく感で皆さん笑みがこぼれていますね~、でも、終わった後は…
そうこうしているうちに、ブリーフィングです。今回は注意事項が少なく、直ぐに説明は終わったのだが、真夜中のクイズポイントは、ちょっと意地悪~(≧∇≦)




午前11時に、スタート。今日は割と先頭付近で出発したのだった。下関の港付近を過ぎて県道252、彦島道路に入ると、直ぐに彦島大橋が見えて来る。
天気が良く眺めも良い(^_^)




一度海沿いから離れ、新下関駅を過ぎて県道34で川棚温泉に向かう。ここで軽い山道が出現するが、殆ど疲労も無くパス。



川棚温泉を過ぎ、R191に出ると再び海沿いの通り。左手に青い海と青い空を眺め、しかし向かい風と戦いながら走る事となった。



恩徳寺から県道275に入ると、いよいよ「角島」が見えて来る。今日一番の景色だ。橋を渡る前に、たもとの売店で一休み。天気が良過ぎて、かなり汗をかいてしまっていた…
角島へ渡る大橋…景色は最高なのだが、横風が強い(≧∇≦)吹き抜ける風が橋の手摺を振動させ、笛の音の様な音が響く…殆ど路肩が無い橋を渡ると、一つ小高い丘を超える坂となっていた。
PC1直前の、軽い難関(笑)



◼️ 13:44 PC1到着【65.5km-close15:24】


3時間かからずに着いてしまった。かなりオーバーペースである。少し落とさないと、後が持たない…
PC1では、チェックのみで、直ぐにリスタート。休憩は次のコンビニで取ることにした。
PC1を過ぎた後は、さっきの丘には戻らず、海抜0m付近を通り、角島大橋に合流した。もう一度あの坂を登らなくて良かった事に安堵(^_^)
しかし、橋の上は行きにも増して強い横風…向かい風気味で、気を抜くとフラついてしまう為、かなり神経を使う…本当やばかった(≧∇≦)



R191に再び合流する角にあるコンビニで遅めの昼食とした。
暑さと速いペースの為か予想以上に消耗していた。あまり食欲は無かったが、ここで食べないと、後でどうなるか分かっている為、飲むヨーグルトと小さめの丼物を食べた。食べ始めは苦しかったが、何とか完食出来た。
食事していると、他のランドヌールも次々と集まって来て、皆ココを休憩地点にしていたらしい…

次の目標は萩のPC2である。
R191を海岸通りと内陸部を織り交ぜながら進む。さっきまで頭上で照らしていた夏の陽射しが随分柔らかくなった頃、萩市内に到着した。
萩、もう20年近く前だろうか、ここを訪れたのは…勿論クルマなのだが…
見覚えある風景が無く、多分走っている通りが新しい道なのではないかと思う…





◼️ 17:19 PC2ポブラ到着【129.8km-close19:40】


まだペースが速い…平均時速は20km/hを超えており、このまま最後迄持つとは思えないが、ここに来て、すこぶる体調が良い。食欲も出て来て、冷やし中華とチーズバーガーをガッツリと食べる。



萩を過ぎると、再び海沿いの通りを長く走る事が多くなる。夕暮れが迫った陽射しは、山肌を紅く染めていた。
トンネルを抜ける度、徐々に薄暗くなって行く風景に、遂にトンネルを抜けてもライトを消すことをやめた。
夜の訪れである…




◼️ 19:28 PC3ポブラ到着【170.8km-close22:24】


ここでも、まだ20km/hを維持していた。不思議な事に、更に体調が良く食欲もあった。コンビニの弁当を物色していると「海鮮丼」が目に飛び込んで来た。唐戸市場で食べ損ねた海鮮丼、コンビニでガマン(笑)
まだ前半戦、今から本当の戦いが始まる。夜の帳が幕を降ろした山道…
さぁ~出かけよう‼︎(^_^)

後編へ続く…




関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。