上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サイクリングに出かけるとき、何時もは事前にコース設定し、サイコンにルートを読み込むのですが、

今日は、前日の飲み会で目覚めが遅かった事もあり、ノープラン(笑)

しかし、せっかく晴れた日曜日、家の中で過ごすのも勿体なく、ふと出かける事に…

さぁ~て、何処に行こうかな~と考えていたら、テレビで藤棚の話題…

そうか、今は藤の最盛期、藤と言えば、ここら辺では「黒木の藤」が超有名…

って事で、とりあえず、黒木まで走る事にしました。そこから先は、その時考えよう~(^_^;)



矢部川沿いの土手は、相変わらず気持ち良く走れる、ナイスなサイクリングロードです。

しかし、風が強い!!



約1時間半で、黒木に到着。予想通り藤棚は最盛期でした。

恒例の藤祭りが開催されており、藤棚の下は、多くの見物客で賑わっていました。

さて、ここから先は何処に行くか?

ちょっと考えて、まだ自転車では走った事が無いグリーンピア八女を通り、山鹿に抜ける事にしました。



20代の頃、友達とバイクで良く来てましたが、自転車で登るのは初めてです。

バイクの時は、勿論気にもしなかった勾配ですが、思ったよりきつく、

10%程度の坂道が、5kmくらい続きます。




グリーンピアの中を通り抜け、裏道をいっきに下ります。

こちらの道も、バイクで良く走っていた所で、とても懐かしかったですね。

ある程度下ったところがT字路にぶつかって、左に曲がれば、元の通りに戻ります。

しかし、今日は山鹿に抜ける為、右に折れてもう少し登る事となりました。

思いのほか峠は直ぐにやってきて、R3までは直ぐに抜ける事が出来ました。



山鹿の入り口のところから、右に折れて、平山温泉経由で南関へと…

最後は、いつもの様に大牟田のXRBに寄ってから帰路に着きました。

今日は、軽くポタリングのつもりでしたが、結局100㎞近く走っていました。

それでは、またね~

良かったら↓クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

ロードバイク ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

<BRM531嘉麻600kのルート>

BRM315嘉麻400kmで、すっかり懲りているはずなのに、

2週間もすれば、すっかり忘れて、健忘症か???

王手がかかったSRに惹かれて、600kmの攻略を考えてしまう…

流石に、今度は下手できない… 

チャレンジ出来る回数は、2回~3回あるが、

最初の600、BRM412熊本600kmは予定が入って参加出来ず。

しかし、それに参加したリーフ氏のブログを読んでみて唖然…

あまりの過酷さに、とても自分には完走出来そうに無い。どうすんだよ~(笑)

次の600kは、BRM531嘉麻600km、そのコースは…か、か、過酷…

誰だよ~、こんなキツイコースにしたのは~、なんて言うなら止めればいいじゃん~(笑)

阿蘇を越えて、日向に辿り着けるかが、まず第一関門。ここ迄で250㎞はあるのだが、

まだまだ前半。仮眠をとるなら、日南海岸線のこの辺りか…

どこか休める所を事前に探しとかないとね~

さて、そんなこんなで、長距離走る練習はしとかないとと思い、コースの一部を試走しました。



ソロでの長距離走は久しぶりです。また、長距離走るのも、BRM315以来です。

全く自転車サボってました~(笑)いや、短距離はちょこちょこ走ってたんだけどね(^_^メ)



午前7時、BRMのスタート時間に合わせてスタート、いや単なる偶然ですが…

スタート直後は、矢部川沿いに八女方面に向かい、BRMのコースと合流。

合流後は、ルートをトレースしながら久留米市内へと向かいます。

BRM315で後半苦しんだ胃の不調を回避する為に、早々にヨーグルトを補充していたら、

飲むタイミングが間違ってるよと、諸先輩方からのアドバイスを頂きました(笑)



久留米市内を抜け、甘木、秋月迄は、平坦基調。しかし、秋月を超えると山道に入ります。

BRM222では、嘉麻へ向かうのに、坂本峠を越えましたが、今回は八丁峠です。

冬場の交通情報で、よく凍結通行止めって聞きますよね~(笑)それだけ険しいの?

まぁ、どのみち何処通っても、山越えには変わらないのですが…



峠道は何処も同じ、前に進む限り、いつかは頂上に辿り着きます。

何を好んで、いつも山道登ってるんでしょうかね~(笑)



そして、やっと峠に到着!!

一息ついていたら、峠の向こうからサイクリストが到着。

言葉は交わしませんでしたが、同じ場所で記念撮影をして、目で挨拶をし別れました。



峠を越えたらご褒美の下り坂。登りが長ければ長いほど、下りも長い。

しかし、楽しい時間はほんの僅か、直ぐに麓まで降りてしまいます。




そして、丁度お昼にBRM嘉麻のスタートゴール地点、「嘉麻市スポーツプラザ」に到着。

ココまで85km程。長いブルべにすれば、ほんの序盤の序盤。

段々と距離感覚が麻痺してきます。もう普通には戻れないのか?(笑)

さて、お腹も空いて来た事だし、嘉麻のBRMで何時も朝食をとるジョイフルでお昼にしますか。




日替わり膳を大盛りでがっつりと頂き、いざ後半へ。

BRM531嘉麻600kmのスタートからの道のりをトレースします。

R211は、スタートして直ぐに登りに入ります。

最初は緩やかな上り坂ですが、徐々に勾配がきつくなり、嘉麻峠間近になると、流石にきつい!

間もなく峠というところで、「遠賀川源流の地」立て看板発見!!

横の方を覗くと、本当にちょろちょろとした小川が、森の奥から流れて来ていました。

これが遠賀川の元?。このせせらぎが、やがてあの大河になるとは、想像できないですね~

峠を越えると、直ぐに小石原焼きで有名な小石原に着きます。

去年の秋、紅葉サイクリングで秋月から江川ダムを通り辿り着いたところですが、

今回は、嘉麻峠経由で来ました。

小石原を抜けたら、長い下り坂です。筑後川にぶつかる夜明け迄、随分長い下りです。

夜明け迄来た所で、BRMのコースとはお別れです。本番では、ここから、阿蘇に向けて

また、長い登りに入るのですが、今日は、久留米方面に向かいます。



予定では、もうひと峠、合瀬耳納峠を越えて、星野村から八女経由で帰るつもりでしたが、

一昨年の大雨災害の復旧がまだ終わっていないとの情報と、予定より遅れて、

西の空が怪しくなって来た状況により、素直に浮羽から久留米を抜けて帰る事に。

殆ど平坦基調でしたが、最後はかなり疲れてしまいました。

200kmにも満たない距離で、この為体では、600kmなんて、全く無謀な挑戦としか思えません。

さて、本番まで1ヶ月。体力増強と綿密な計画をたてて(何処でDNFするのが良いかも)臨みます。

それでは、またね~

■ 本日のリザルト
走行距離:192.18km
平均速度:24.5km/h
獲得標高:1288m

良かったら↓クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

ロードバイク ブログランキングへ
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。