上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


遂に、「阿蘇望」エントリー完了の通知書が来ました。ナンバーは348です。

3分間隔、50人ずつでのスタートなので、私は7組目で18分後のスタートとなります。

一般申込みなので仕方無いのですが、18分のロスはなかなか痛いです。



6月頭に、前半のコースは試走したのですが、その後天気に恵まれず、近場を走っています。

先週も、地元のオレンジロードを、同じ大会に参加するMさんと走りました。

Mさんは、会員優先申込みで、何とエントリーナンバーは10番台です。羨ましい~(^^ゞ



この日は「鷹取山」と「飛形山」の二つの峠を越えて、八女方面へと下りました。



又、昨日は、大牟田方面へ走り、「八角目峠」を南関へと向かいます。



早朝よりかなり雨が降っていましたが、午後になると日差しも出てきて、結構蒸し暑い日でした。



八角目峠を越えた後は、同じ南関にある「セキアヒルズ」へと向かいました。



地元では良く走られるコースですが、私は初めて走りました。

距離はさほど長く無いのですが、途中より勾配が急になり、思ったよりきつかったです。



敷地内にあるチャペル、ちょっと異国情緒がありますが、閑散として寂しいです…



そして、最後はホームコースの「清水山」です。山頂に着く頃には、完全に晴天となり、

真夏のような日差しとなりました。



まさに真夏を思わせる青空ですね…



清水山山頂にて。本日は、3つの峠を走り、獲得標高約700mでした。

練習と言えるほどの走りではありませんが、梅雨の晴れ間を利用し、来たる日に備え

出来るだけ走り込みたいと思っています(^。^)


■ 本日のリザルト

走行距離:62km
平均速度:22.4km/h
獲得標高:698m

良かったら↓クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

ロードバイク ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
2013.06.16 阿蘇望試走


日本中が、コンフェデ杯のブラジル戦を観戦している時間、

後半開始早々2点目を献上…、勝負ありか…

そんな、午前5時半前、静かに車をスタートさせました。



早朝の国道は車が少なく、約90㎞の距離がある南阿蘇アスペクタ迄、高速使わずに2時間で着きました。

午前7時半過ぎ、既に日差しが暑い…(ー_ー)!!

これから、あの山に登るのか…、先が長い…



スタート直後、阿蘇を望む…、実はコースを間違えて、箱石峠からの戻りのルートを走ってました…(^_^メ)



さぁ、ここからが本当の阿蘇登山道のスタート。山頂まで約14kmとなってます。

今日は、「阿蘇望」の前半、阿蘇山と箱石峠の2峠を走る予定です。

足切りの時間がスタートから5時間となっている為、出来れば余力を残した状態で、

4時間程度で走れればと思っています。



登りはじめは、他の山道と同じ様な風景です…

極端な勾配はありませんが、兎に角距離が長い…



しかし暫く山道を走っていると、突然目の前が開け、阿蘇盆地が目の前に…

あまりの見晴らしの良さに、バイクを停めて見下ろして見ました…



坂道は長く何処までも続くのですが、先日交換したスプロケットの効果で、

あまり、息が上がることなく、淡々と坂道を登って行けました。

まぁ、一人だからマイペースなだけなんですけどね(^^ゞ



阿蘇の山頂は、雲に覆われて見ることが出来ません。あとどのくらい登るのかな~



阿蘇頂上直前に、突如コースが脇道に入っています。そのまま進めば直ぐにロープウェイ乗り場なのに…

やたらきつい勾配で、疲れもピークになっている時に…、それはないよ~(;´_`;)



何とか、インナーローをダンシングで登り切り、ロープウェイ乗り場到着。

ここまで、スタートしてから1時間20分。スタート直後のルートを間違えているので、

正式なコースでのタイムではありませんが、まずまずではないかと思っています。



ロープウェイ乗り場を過ぎて右に折れると、阿蘇の雄大な草千里が目の前に迫って来ます。



草千里前でバイクを停めて一休みです。下から見たときに上の方が曇っていましたが、

いざ、登ってくると、やはり少し雲がかかっていて、肌寒い感じです。



草千里を過ぎると、この道の一番の「ごちそう」が待っています。

素晴らしい、景色の中、下り坂を気持ちよくバイクを走らせます。



さっきまでの、辛い上りがあったからこそ楽しめる、この下り坂。本当に素晴らしい景色です。

阿蘇望本番の時も、どうか良い天気…余り良すぎると暑くて辛いのですが…

でも、雨よりは、やはり晴れて欲しいですね~(^。^)



途中に放牧された、牛や馬たち。こんな景色は、やはり阿蘇ならではです。



さらに下って行くと、今度は水浴びをする動物たち。非常に絵になる景色で、

車を停めて多くの人たちがシャッターを切っていました。



阿蘇盆地迄下ると、また景色が変わって、今度は木々の間を縫って走ります。



途中、美味しそうなお店発見!。一度通り過ぎたのですが、Uターンして戻って来ました。



阿蘇山頂上でもソフトクリームはあったのですが、その時は我慢してパスしましたが、

ここのストロベリーのソフトクリームを食べてビックリ!!

まさに絶品!一口食べると口の中にイチゴの果肉がシャキシャキした食感で広がり、

決して甘すぎない、本当に上質なイチゴの味を堪能出来ます。

こんなに美味しいイチゴのソフトは初めてです。本当にあたりでしたね~(^。^)



さて、少し街中を走った後は、次の峠「箱石峠」への登りとなります。

阿蘇山頂では少し雲っていましたが、今はもの凄く良い天気になっています…少し迷惑なくらい…(^^ゞ



こちらの峠道は勾配はあまり急ではなく、だらだらとした坂が続きます。

ここでは、インナーの2速、3速で殆ど登り切りました。



サイコン表示の最高地点。多分ここが「箱石峠」と思われますが、何の表示もありません。



ここは、南阿蘇の別荘地の様で、道の両側に個性溢れる家並みがあります。見ているだけでも面白いです。

箱石峠を過ぎたら、後は下るだけと思っていましたが…そうではありませんでした。

基本的には下り坂なのですが、時折急な上り坂が出てきて、思ったより体力を消耗します。



そして、一番最後にきつい上り坂が待っていました。

アスペクタへの登りですが、ここまで走って体力を消耗している為、この坂がとんでもなく辛い…

何とか登り切り、やっと到着です。ここまでの所要時間は4時間10分でした。

途中コースを間違えたり、お店に寄ったりしたので、4時間を切ることは出来ませんでしたが、

本番でもこのくらいのタイムで走れれば、何とかなるかな~と思いました。

でも、これで前半…。この後最大の難関、地蔵峠が待っています。勢いだけでは登れないよね…

次回は、後半のコースを試走しますか…(^^ゞ

それでは、またね~

■ 本日のリザルト

走行距離:67km(70km以上あるはずですが、なんかサイコンの距離がおかしい…)
獲得標高:1393m
平均速度:17.1km/h

良かったら↓クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

ロードバイク ブログランキングへ
関連記事
2013.06.10 清水山ダブル


紫陽花が綺麗なこの季節、しかし、サイクリストにとっては憂鬱な日々です。

6月9日は、天気が良ければ、来るべきイベントに備えて、本番コースの試走を考えていましたが、

前日の予報では生憎の雨模様…

それでも、最終的には早朝の雲行きを確かめた上で、決めようと思い、午前5時起床…

薄暗い窓の外を見ると、細かい雨粒が…、阿蘇現地の予報でも午後3時頃までは雨…

仕方なく、本日のコース試走は延期としました。(;´_`;)



急に日曜日の予定がくずれ、朝から家の中でテレビを見つつ、ソファーでうつらうつらしていましたが、

ん~、こんな休日は駄目だね~と思い起こし、室内でローラーでも乗るか~と思ってたところ、

午後2時を過ぎたあたりから、徐々に空が明るくなり、どうせならやはり外を走りたいよね~(^^ゞ

って事で、時間も時間だし、走るところは、ホームコースの「清水山」に決定しました。

丁度昨日、カセットスプロケットを交換していましたので、その感触を確かめるのにも好都合なコース。

さて、いつもの様に登り始めましたが、お昼ご飯をちょっと食べ過ぎていた為、なかなか辛い…

それでも、28のローギヤーは効果絶大で、坂道もかなり軽くなりました。

但し、ここで当たり前の問題が発生。1速と2速のギアが離れすぎている為、一度1速に落としてしまうと

なかなか2速に上げられません。今までのスプロケットが、12-25で、1速2速の歯数の差も他と同様2枚

だったのが、11-28では4枚も離れている為、その差歴然です。

新しいスプロケットに変える迄は、その感触を当たり前と思って気にしていませんでしたが、

クロスレシオのギアに慣れていると、かなりの違和感となります。やはり、通常は12-25が良いですね。

まぁ、それでも、スーパーローのギアは、かなり体の負担を軽くしてくれることは間違いなく、

タイムは、あまり良くありませんが、山道はこれで行こうと思います。




いつもは、登って下るだけで終わるライディングですが、少しでも、「阿蘇望」の練習の為、

本日は、最初に表から登り、裏側に下った後、再度、裏から登る、ダブルに挑戦しました。

初めて連続でこの山を登ったのですが、裏からの登りはローギア中心で、

如何に楽に登れるかを試したところ、かなり体力を温存して登る事が出来ました。

山頂に着いても、あまり息が上がる事はなく、これなら連続して長距離を登れるなぁ~と感じました。

次回、天気がよい休日に本番コースを試走する際は、この走り方で足切りタイムに間に合うかを確認し

本番に備えたいと思っています。

ところで、清水山登り口にある庭園駐車場の紫陽花は本当に綺麗でした。

それでは、またね~

■ 本日のリザルト

走行距離:37km
平均速度:18.7km/h
獲得標高:598m

良かったら↓クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

ロードバイク ブログランキングへ
関連記事
2013.06.08 山道ラク仕様
先日阿蘇方面に走りに行って、坂道で全くついて行けない自分に、

最終手段として、スプロケット交換を実施しました。(^^;;

機材に頼らず、身体を鍛えんか~と言う声が聞こえてきそうですが…

まぁ、年齢に免じて許して下さい(^^;;

昨年ホイールをWH-7900に交換した時に、スプロケットも11-28から12-25に替えていました。

平地中心ではベストだっんですが、やはり10%を超えるような坂道ではかなり苦しく、

来月のイベントに合わせて、今回、元の11-28に戻しました。



左が12-25の6700、右が11-28の5700

一つ一つのパーツを見比べると、かなり仕上がりが違います。

勿論、アルテグラ6700が良いのは言うまでもありません。(^o^)



スプロケットは、綺麗にふきあげて取り付けましたが…あちゃー(≧∇≦)チェーンが汚い(u_u)

走る前に、綺麗にせねば…

それでは、またね~
関連記事


新緑の季節。久しぶりにロングライドを計画…

阿蘇望にエントリーした手前、やはり行くなら阿蘇ですよね~

又、以前より小国の「茶のこ」さんへも行って見たいと思っていましたので、

今回、マゼノミステリーロード経由で、阿蘇から小国に向かう事にしました。



今回も、同郷のサイクリストであるMさんと走る事に。勿論Mさんも「阿蘇望」エントリー組です。

早朝の午前6時半に近くのコンビニで待ち合わせ、いざ出発です。

天気も上々で、朝日を浴びながらのスタートとなりました。

ちなみに、今日のコースはこの様になっています。




南関から平山温泉を抜けた頃には、日差しも随分暖かく?暑くなってきました。



最初の休憩地点は、菊池神社麓のコンビニです。

ここまで、40km位の距離ですが、調子よく走れましたので、予定より早く着きました。

しかし、ここから先は、いよいよ坂道になります。



次の休憩地点の「菊池渓谷水の駅」です。流石に、ココまで来ると、汗がしたたり落ちて来ます。

しかし、綺麗な川を眺めながら、涼しい風に吹かれていると、疲れも薄らいで来ます。



とは言った物の、再スタートして、本格的な山道になって来たら、やっぱりMさんにはついて行けません。

段々と背中が遠くなりま~す(;´_`;)



先ずは、次の休憩地点である、菊池渓谷を目指します。

先日は、菊池渓谷が目的地でしたので、この時点でかなり消耗していましたが、

今日は、まだまだ序盤ですので、何とか体力を温存しながら走りました。



そして、Mさんに随分遅れて、やっと菊池渓谷到着です。



さて、ここからが、本当の阿蘇外輪山への登りとなります。10%程度の勾配が10kmくらい続く、

かなり、消耗する上り坂です。ただ、直射日光があたる事が少ないのが救いです…



頂上近くなると、一気に視界が開け、ときおり放牧された「牛さん」や「お馬さん」が…



阿蘇外輪山では天気は少し曇り空になり、また、かなり風が強く吹いて、ときおりバイクが煽られる事も…



ミルクロードを走り、今日の一つめの目的地「ラピュタの道」迄、あと少しです。



そして、「二度目のラピュタ」到着です。

少しもやっていましたが、素晴らしい新緑で、去年来たときより、さらに素晴らしい眺めでした。

しかし、今日ココまで走って来て、ただの1台のロードバイクとも遭遇する事が無く…

こんなに良い天気なのに~と思ってたら……

あ!、そうか、来週の日曜日が「ラピュタで会おう」イベントだった。

今週は、阿蘇に皆さん来ない筈ですよね…(^^ゞ

でも、この素晴らしい景色を眺められただけでも大満足です(^。^)



いつも、セルフポートレートばかりですが、ココでは一枚記念写真を撮って頂きました。



今来たミルクロードを少し引き返すと、マゼノミステリーロード突入です…



ココは、本当に素晴らしいワインディングロードです。

阿蘇の雄大な景色を眺めながら、気持ちよく走り抜けます。



時折上り坂も出現しますが、基本的に下り基調なので、走りやすい道です。



日差しも、思ったよりは強くなく、空気はやはり高原なのか、さわやかでした…



いくつものコーナーを駆け抜け、やがて「マゼノミステリーロード」は、終わりを告げました…



そして、第2の目的地「茶のこ」さんに到着…

げげっ!店休日…、いや実は前日から今日お休みである事は知っていました。

しかし、計画したルートを変える事をしませんでしたので、取りあえずお店には来てみました(^^ゞ

次はきっとお店に入りたいと思います~(^。^)



さて、丁度お昼です。何か食べるところは無いかと物色しながら走っていたら…ありました。

何とも魅力的な「地鶏」の文字が…



お昼のランチもありましたが、やはりココは「地鶏の炭火焼き」で決まりでしょう!

写真では分かりにくいですが、この地鶏、かなりのボリュームです。普通に二人前はありそうな…

これにビールがあれば最高なのですが、勿論アルコールは飲めません…

で、ノンアルコールの○○で頂きました…(^^ゞ

あまりのボリュームで、結局少し残してしまいました。ここで終了なら無理してでも食べますが、

ここから、まだ山越えしないと帰れませんから、我慢我慢です…(^^ゞ



1時間程度ゆっくり休憩し、いざ出発です。次は鯛生金山に向かいます。



途中、ダム湖らしい橋で一休み…



かなりの高さです。真下を見ると、吸い込まれそうになります…



ここから、段々と山道に入り、流石にかなり脚も重たくなって来ました。



そしてやっと鯛生金山到着です。ここの前の坂道でかなり消耗してしまい、

思わずバイクを投げ出してしまいました。(x。x)゜゜



本日の登り納め、「竹原峠」到着です。この長いトンネルを抜けると、後は殆ど下りとなります。



竹原峠からは、一気にスピードを増して下ります。路面はあまり良くありませんが、

時速40km以上で、がんがん飛ばします。



しかし、山の上ではとても爽やかだった空気が、黒木辺り迄下ってくると、ねっとりとした暑さに…

この湿った暑さで、一気に体力が消耗して行きました…



そして、いつもの様に矢部川添いの道を下り、柳川へ…

今回も、又サイコンのバッテリーが持たず、残り10km弱で切れてしまいました。

Mさんとは、前回走った時と同じ、この交差点で、

今度は「阿蘇望」コースを試走しましょう…と挨拶し別れました…



午後4時過ぎ、無事我が家に帰還しました。

小国を出たのが午後1時でしたので、帰りはかなり良いペースで走れた様です。

まだ、真夏の日差しではありませんでしたが、この後お風呂に入ると…

しっかり日焼けが…(^^ゞ

それでは、またね~

■ 本日のリザルト

走行距離:163km
平均速度:23.2km/h
獲得標高:1770m


良かったら↓クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

ロードバイク ブログランキングへ
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。