上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新緑が目に眩しい「ラピュタの道」

そして、素晴らしいワインディングロード「マゼノミステリーロード」を堪能して来ました(^o^)



160km以上の山道、獲得標高1770mは、決して楽では有りませんでしたが、

改めて、獲得標高3000mの「阿蘇望」チャレンジが無謀な挑戦に見えて来ました(≧∇≦)

詳細については、また後日…

それでは、またね~
関連記事
スポンサーサイト


無謀な阿蘇望挑戦です。

エントリーしたのは、勿論4峠120kmのAコースですが、その過酷さ故に、完走率が異様に低い(≧∇≦)

取り敢えず、約2ヶ月の間に脚力とスタミナをつけないと、完走が見えません。

それと、車体もスプロケットを交換し、11-28の山岳仕様にしとかないとね。



この週末は天候不順でしたが、少しでもとローラー台に乗ってました。

それでは、またね~(^^;;

走行距離 30.25km
平均速度 41.2km/h
関連記事


連休明けの最初の日曜日、朝から地元の球技大会の参加の為、今日は自転車に乗れないな~と思ってたところ、

午後から少しだけ時間が空いたので、晴天の中近くの山「いつもの清水山」に向かったのでした。

すこし霞んではいますが、強い日差しが、もうすぐ夏の訪れを予感させます。



山に入ると、日差しが遮られ、登山道の上には、木漏れ日の影が…

しかし、汗をかきながら、必死にペダルを回して行きます。



決して路面状態が良い道ではありませんが、何故か最近は、表から登ることが多くなってます。



最初はゆっくり目で登った為、中間地点を過ぎても、いつものようには息が上がりませんでした。

今日はタイムアタックするつもりは有りませんでしたが、21分9秒の表からのベストタイムが出ました。

やはり、ペース配分は重要ですね。タイムアタックする時は、前半にペースを上げすぎる為、

いつも後半に失速してしまい、終了後は動けないくらいに息が上がってしまいます。



最後に、頂上の展望台に登り、気持ちよい風を全身に浴びて、家路へと向かいました。

やはり、山は気持ち良いです。登ってる時は汗だくになってペダルを漕ぎ、頂上では、風を浴びクールダウン。

これから夏に向かって、色んな山に登りたいね(^o^)

それでは、またね~


良かったら↓クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

ロードバイク ブログランキングへ
関連記事


一昨年12月初旬にロードバイクを購入し、17ヶ月で走行距離5000kmとなりました。

基本的に週末ライドしかやっていないので、他のサイクリストの様には距離が伸びません。(^^;)

月平均300km弱ですが、これからもこのペースで無理なく続けて行きたいと思ってます~(^_^メ)




5000kmに達したライドは、時々参加しています「XRBの朝練」でした。

今日はヒルクライムが少なかった為、いつもよりペースが速いです。

来週は、「酒蔵次男」さんと、阿蘇「ラピュタの道」から小国に向けて走る予定です。

では、またね~

■ 本日のリザルト

走行距離:80.3km
平均速度:28.2km/h
獲得高度:406m


良かったら↓クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

ロードバイク ブログランキングへ
関連記事


生月島サイクリングの二日目です。

今日も一日楽しく走るぞ~(^^ゞ

本日のコースは、生月島から平戸に渡り、平戸を縦断し南の端の港から高速船で佐世保に渡ります。

その後は、波佐見町、嬉野、鹿島と南に走り、最後は有りイチコースで有明海添いに柳川へと帰ります。



夜中に一度目が覚めたのですが、再び眠りにつき、気がついたら午前6時になってました。

昨日に引き続き晴天で、窓から見える海原や、朝日に照らされた生月島大橋を暫く眺めていました。



昨夜いっぱい飲み、食べた筈ですが、朝目覚めると、既に空腹のサイン(^^ゞ

旅館の朝ごはんはシンプルなのですが、美味しくて、何とご飯3杯も食べてしまいまいた。

旅館のご主人にお世話になったご挨拶をして、宿を出発。



宿の直ぐ側にあるコンビニで、各自スタートの準備をし、午前8時丁度に本日も走り出しました。



「生月島大橋」です。昨日ここを渡った時は、とても写真を撮る状況では無かったのですが、

今日は、朝日を眺めながら、気持ちよく走りました。



橋を渡り終えると、直ぐに上り坂となります。

本日のコースは、前半にヒルクライムが有り、後半は平坦コースと、昨日と逆になっています。

前半に坂道がある方が、体力的に余裕がある分、どちらかと言うと楽ですね。

っと言っても、相変わらず坂はきついのですが…(^^ゞ



島の道幅は狭いのですが、車通りは少なく、自然の中を走るのは、相変わらず気持ち良いです。



島の中の峠を3~4つ程越えたら、休憩地点のコンビニに到着。

ココまでで、8割方坂道は終了したと思えます。



○○泥棒の図… うそです。

山道を走っている最中、F氏のボトルキャップが突然落下…

ころころと、斜面を転がり落ちたのですが、無事救出されました。

実は、昨日は私が、ボトルキャップを落下させてしまい、運が悪い事に後続の車にはねられ

割れてしまいました。取りあえず取り付きはするのですが、悲しいです…(;´_`;)



スタートして1時間半かからずに港に到着。帰りは一部海路を利用します。手抜き?いや脚抜き(^_^メ)

しかし、漁港と間違える程の小さな港で、ターミナルも御覧の通りこぢんまりとしています。

早めに着いたので、暫く休憩となりました。



じゃ~ん!! これが、これから乗る高速船。港に似合わず(失礼な!)中々スタイリッシュです。(^。^)



自転車は、後部デッキ前方と最後尾に搭載。潮風がちょっと気になりますが、今日は凪なので、大丈夫との事



船の中は、2ブロックに分かれており、私達は後部デッキを完全に貸し切りにしてしまいました。



出航すると、徐々にスピードが上がり、船も前方が持ち上がり、いかにも高速船です。

先程迄走っていた、平戸が徐々に遠くなり、ちょっとだけ寂しい気持ちに…

ふと、ガーミンのスピードメーターを見ると、時速50kmに達していました。

潮風にふかれながら、爽快に海の上を疾走する高速船。とても気持ち良かったです(^。^)



約30分で佐世保に到着。ここから、再びサイクリングスタートです。

佐世保の市内は、木々も多く、中々気持ちよく走る事が出来ます。

又、米軍基地がある為、外国人も多く見かけました。



少し、脇道にそれ、何処に行くのかな~と思ってたら、有名な佐世保バーガーの店でした。

やはり、佐世保に来たなら「佐世保バーガー」ですよね。

交差点の角にあるこの店は、多くの人でごったがえしており、待ち時間を聞いたら1時間待ち(x。x)゜゜

あえなく、諦めたのでした。



ところが、K氏がおみやげを買うために立ち寄ったフェリー乗り場にて佐世保バーガー発見!!

とてもラッキーでした。



待ち時間無しで、はい!、佐世保バーガーにありつけました。

ボリューム満点、とっても美味しく、大満足です。



昼食を食べ後は、ひたすら南東に向かって走ります。

途中の波佐見町では、陶器市が開催されており、大変な混雑でした。

停車中の車のドアが急に開いたり、ちょっと危ない場面もありました。

波佐見町を過ぎた後、このサイクリングで初めて先頭を引かせてもらいました。

基本下り基調で追い風にも助けられ、30km/h台半ばで巡航できました。

何とか、鹿島迄引いた後は、ワッキー氏にバトンタッチです。



鹿島を過ぎると、いつも見慣れた通りとなります。

走りながら、「あ~もうすぐ、このサイクリングも終わるんだ…」と

途中きつかった場面もあったけど、とても楽しかったサイクリング。

出来れば、終わりたくない…という気持ちが…

しかし、終わりは必ずやって来るものです。

最後は、一番後ろでみんなの背中を見ながら、そんな事を考えていました。



そして、遂にスタート地点のコンビニに到着。あっと言う間の2日間でした。

楽しい事は、時間が早く過ぎるものですね。

最後に、記念写真を1枚。相変わらず「どこのヤンキーか」と言うポーズ(笑)

でも、皆さん本当に良い方ばかりです… 変○な趣味ではありますが…(笑)



皆さん、最後まで気を付けて…と、見送ったのでした。



コンビニにから、僅か数百メートルで、自宅に到着。

いつもの自宅前に自転車を停め、車体を拭き上げて、

「ご苦労さん」と自転車に声をかけたのでした。

又、遠くに走りに行きたいな~(^_^メ)

それでは、またね~

■ 本日のリザルト

走行距離:125km
平均速度:24.5km/h
獲得高度:750m

※ 追伸
2日間の走行距離は270km弱で、300kmに達しなかったので、翌日40km程走り
他の皆さんと同じ様に300kmオーバーとしました…(^^ゞ

良かったら↓クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

ロードバイク ブログランキングへ
関連記事


今年3月、サイクリング仲間のリーフ氏より、GWにお泊まりサイクリングの案内が有り、

すぐさま、参加の手を挙げたのでした。

行く先は、「生月島」! 平戸の先の橋で渡ることが出来る小島です。

以前リーフ氏のブログの写真にて、その絶景が目に焼き付いており、

是非この目で見たいと思っていました。それが、こんなに早く実現するとは(^。^)

さて、これから2日間に渡る楽しいサイクリング日記を綴ります…(^^ゞ



今回参加されるメンバーは、以前「ツールドしものせき」や、背振望?等でお世話になった

「あらたまサイクリング」の皆さんです。私も一応まぜて頂いております(^^ゞ

他のメンバーは午前7時に荒尾の四山神社に集合して出発されましたが、

私は、柳川なので「途中乗車」です。

自宅近所のこのセブンイレブンがスタート地点となります。

ここに到着時に、既に汗をかかれているF氏、「どんだけ飛ばしたの?」(笑)

午前8時丁度に予定通り出発~



往路のコースは、柳川より、佐賀県武雄-伊万里-長崎県松浦-平戸-生月島となっています。

武雄迄は、ほぼ平坦なのですが、そこを過ぎると徐々に上り坂が増えてきます。



何故か皆さん、平地では温和しい(笑)のに、坂が出始めると、突然突っ走る方々、特にD氏(笑)

また、それを追いかけるリーフ氏であったりします。



伊万里に出ると、海が見えてきます。ずっと内地だったので新鮮です。(^。^)



海岸線の通りは、小刻みなアップダウンが続きます。ここでも、坂道大好きのメンバーが

走りを引っ張って行きます。私は、後ろからとぼとぼとついて行くだけ…(^^ゞ



伊万里から松浦迄は、海岸線沿いの道が続きます。

日差しは強いのですが、空気は乾燥しひんやりした空気で、とても心地良いです。

この時期は、やっぱりサイクリングに最高の季節ですね。



そろそろ、12時も過ぎたのでお昼ご飯ですが、予定していた松浦の道の駅が「GW仕様」で

ランチがバイキングのみとなっており、内容的に???だった為、急遽近くのジョイフルに変更!



松浦を過ぎると、いよいよ坂道が増えて来ます。

そして、平戸大橋の手前で、ぐっと登り、橋のたもとに到着。

今日は少しもやってて、橋は少し霞んでいましたが、雄大な眺めが目の前に広がってました。

折角なので、記念写真を1枚カシャ…



私のバイクもついでに1枚撮っときました~(^^ゞ



橋を渡るとき、海を見下ろすと、吸い込まれそうな高さです。

高所恐怖症では無いので、ゆっくり海を眺めながら走りました…



橋を渡ったところのコンビニで休憩です。

ここで、500mlのコーラを飲んだのですが、それが原因か?後で辛いことに…(-_-)



通りの途中に綺麗なザビエル記念教会が有るとの事で、寄ることに…

しかし、この教会の入口は激坂となっており、自転車で来ることは想定外だね(笑)

でも、本当に綺麗な教会でした。



平戸島の中は、アップダウンの連続です。一つめの峠は何とかついて行ってたのですが…



この写真の前方に見える坂道から、ぐっと勾配がきつくなり、戦線離脱…(-_-)

さらに、途中から気分まで悪くなって…、吐き気が…、さっきのコーラーが… うぇっ…

何とか頂上に着き、他のメンバーが待っててくれたのですが、ここから宿までずっ………と

吐き気を我慢しながらの走行となってしまいました。綺麗な景色を楽しむ余裕もなく、

勿論写真を撮る余裕もありません。



午後4時過ぎに、ふらふらになりながらも、無事お宿に到着。

ここは生月島大橋の直ぐ近くにある民宿です。少し高台となっており、宿からも景色は抜群でした。

宿のご主人は、自転車でこんなに早くココまで来られるとは思わなかったとの事で、

場合によっては途中まで、車で迎えに行かにゃならんと思っとったそうです。(笑)

また、今夜の泊まりは、私達だけで、お部屋もゆっくり使わせて頂けました。

部屋に荷物を降ろし、30分程休憩。やっと気分も直り…

リーフ氏より、「島の西海岸へのオプショナルツアー」行きますか?と

私の体調を気遣って聞いてくれました。勿論GO~です。あの景色が待っているのですから~



島の中は、勿論アップダウンの連続ですが、装備を外して体が軽くなり、

休憩により体力が回復していましたので、そこそこのペースで走れました。



島の中は、車は少ないのですが、「牛の絵に注意」の標識が…

放牧でもされてるのでしょうか?それとも野生??



美しい自然の中に走る一筋の道…、某国産車のコマーシャルでもロケされた場所と聞きます。



さらに、トンネルを抜けると、景色が一変します。



東シナ海に傾く夕日を見ながら、さらに先を目指します。



この坂道を登った先が、本日の終点となりました。

時間と体力に余裕が有れば、島先端の灯台迄走れたのでしょうが、今日はココまでとなりました。



自転車を海沿いのガードレールに並べ、夕日をバックにシルエットを撮影



実際にはまだ、結構明るくて御覧の通りです。しかしここからの眺めも素晴らしいものでした。



帰りは、基本的に下り基調。今度は右手に海、左手に大地となります。



そして、そして、遂に以前ブログで見た「あの風景」が目の前に!!

行くときは気づかなかったのですが、帰り道に広がる壮大な景色…



左側にそびえ立つ絶壁に言葉も出ません。本当に素晴らしい景色でした。

ここに来て、今日の疲れも、いっぺんに吹き飛びました。本当に来て良かったです。



宿に着いてから、早速お風呂で汗を流し、そのまま夜の部へ…

ビールと食事を美味しく頂き、今日一日の楽しかった話や、○○な話をして楽しい一時を過ごしました。

そして、午後10時過ぎには、私を筆頭に高年齢組は、早々に床についたのでした。

「明日も走らんとでけんけん、早よ寝とかんと明日がきつか~」という訳で… (^。^)

後編に続く…

■ 本日のリザルト

走行距離:142km
平均速度:23.5km/h
獲得高度:1200m


良かったら↓クリックお願いします!
人気ブログランキングへ

ロードバイク ブログランキングへ
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。